雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

★★★★☆

(写真撮影)木更津市・久津間海岸の海中電柱撮影

GWは近場でカメラの練習。

(書評)もしも一流作家が異世界転生モノを書いたら「スタープレイヤー」(著者:恒川 光太郎)

意外な作者の異色作品。

(書評)シンプルな生き方を目指したい「ミニマリストな暮らし方」(著者:すばる舎編集部)

シンプルな生き方って、いいやん?

(映画レビュー)3部作最後に相応しいラスト「スターウォーズ EP.9 スカイウォーカーの夜明け」(監督:JJエイブラムス)

ついに公開された、2019年度最後の大作映画。

(書評)ミステリー×ゾ○ビの異色作「屍人荘の殺人」(著者:今村 晶弘)

ミステリー×ゾ○ビの新境地ジャンル小説。

(週末クッキング)丸鶏のオーブン焼き ネギ塩ソース添え

まるで1ヶ月早いクリスマスの様。

(書評)夜は永遠? 歩けよ乙女「夜行」(著者:森見 登美彦)

森見登美彦の印象が変わった。

(食レポ)週末にぶらぶら巡る横浜中華街のグルメ散歩

タピオカミルクティーの出店がやばい。

(週末クッキング)キッチンで作るスモークチーズ&ベーコン

ウイスキーのおつまみ作成にチャレンジ。

(体験レポ)酒好きなら絶対行くべき「Amazon Bar Fest」

Amaon主催の試飲会「AmazonBarFest」へ行ってきました!

ワインと絶景を楽しむ山梨1泊2日の旅 その2

ワインの次はジビエ料理。 amenoh.hatenadiary.jp

ワインと絶景を楽しむ山梨1泊2日の旅 その1

ワインとは何か、大人の旅。

(書評)ホラー小説というよりは幻想小説「異形のものたち」(著者:小池 真理子)

いつも通りの小池真理子。

(食レポ)木更津の名店イル・マリオーロのランチセット

木更津の美味しいイタリアン。

(書評)恐るべきB級伝記ホラー「禍記」(著者:田中 啓文)

恐ろしくB級臭溢れる作品。

(書評)読んでいると心が痛くなる「イノセントデイズ」(著者:早見 和真)

この絶望感には見覚えがある。

(書評)恒川流SF世界を描く「滅びの園」(著者:恒川光太郎)

この人の世界観は本当に素晴らしいと思う。

(書評)異動時にも頼りになる「転職後、最初の1年にやるべきこと」

珍しくビジネス本。

(書評)幕末を舞台としたホラー作品「人魚ノ肉」(著者:木下 昌輝)

幕末とホラーのコラボという異色作品。

(食レポ)クロワッサンでバターを食らう「エシレ・メゾン デュプール」

バターといったらエシレバター。

鎌倉、再び(雨の長谷寺紫陽花編)

最近写真撮ってないなぁ。

(書評)学生アリスシリーズの原点「月光ゲーム」

本格推理小説と、青春小説の融合。

(書評)ぼぎわんシリーズ3作目「ししりばの家」(著者:澤村 伊智)

澤村伊智の「ぼぎわん」シリーズ3作目。

【18/100本】モッくんの演技がどハマりしてる「永い言い訳」

西川監督の好きな題材シリーズ。

【14/100本】容疑者家族を守る「誰も守ってくれない」

この作品の佐藤浩市が好きなんですよ。

(食レポ)銀座でお寿司を食べたい…「まる伊」

銀座でお寿司… 何て素晴らしい響きなんでしょうか。

(食レポ)黄金アジフライを食べに行こう「さすけ食堂」

以前テレビでも紹介されたんだそうな。

(書評)ファンタジーとミステリの融合「折れた竜骨」

こういう系統のお話大好き。

(食レポ)アナゴってこんなに美味しかったんだね「やまよ」

ウナギって高いじゃない、じゃあアナゴでいいじゃん。

(書評)五話全てが怖い「どこの家にも怖いものはいる」

短編集として見ると、とても秀逸かも。