読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

キアヌ・リーブスがとにかく悪カッコイイ「コンスタンティン」

 アメリカンコミックを原作とした2005年のハリウッド映画「コンスタンティン」。

 主人公は、末期の肺ガンで余命幾許も無い男ジョン・コンスタンティンキアヌ・リーヴス)。彼は人間以外のものを見ることができる特殊な力を持っており、強力なこの力を以って人間界で悪事を働くハーフブリードを始末する悪魔祓いを行っている。しかしこの「人間以外のなにかが見える力」のせいで幼少期に苦しみ、自殺未遂を起こした過去がある。キリスト教カトリック)での自殺は地獄に落ちるとされているため、悪魔祓いによる善行を積むことによって神の恩赦を獲得し、死後地獄行きが確定している自身の運命を変えようと画策していた。(wikipediaより引用 )

 

コンスタンティン [Blu-ray]

コンスタンティン [Blu-ray]

 

 監督は現在はハンガーゲームを手掛けるフランシス・ローレンス。主演はキアヌ・リーブスに、ヒロインにレイチェル・ワイズ



 最近はボッチ映像からネタ俳優のようになってきたキアヌ・リーブスですが、私が最も好きな俳優の一人です。そして、ハリウッドで一番タバコが似合う役者だと思います。

 そんな彼の喫煙シーンを数多く見ることが出来るのがコンスタンティンです。

 アメコミが原作ということからわかる通り、キアヌ演じる主人公はヒーローです。しかしながら過去の自殺という過ちから地獄へ落ちることが決定しており、それを逃れるために悪魔払を行っているという設定です。また長年の喫煙生活から肺がんを患い、余命いくばくの人生であります。

 映画の見どころとしては、キアヌ・リーブスのアクションシーン。とにかくキアヌが活躍する映画が本作です。
 マトリックスでも素晴らしいアクションシーンを見せてくれた彼ですが、本作では「悪いキアヌ」を見ることが出来ます。
 せき込みながら煙草をふかし、メリケンサックで敵を殴りつけ、敵のラスボスに中指を突き立てる。マトリックスとも違い、また従来のアメリカンコミックのヒーロー像とも違う、ダークヒーローでありながら人間臭いヒーローを名演しています。

一時はコンスタンティン2の制作も噂さされましたが、どうやらデマか中止になった模様。直近は良作に恵まれないキアヌですが、是非ともまたキレキレのキアヌが見えることを楽しみにしています。