雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

山岳リゾートを巡る、2泊3日の甲信越旅行 その3

 最後も蕎麦。

f:id:amenoh:20190618203309j:plain

 前回

amenoh.hatenadiary.jp

 

 

Ⅰ.上高地 空前の大嵐

 車谷高原から上高地行きのバスステーションのある沢渡大橋まで、車で2時間半程度。途中から徐々に雨が降り出してきました。

 15時20分にバスステーションに到着。もう普通に雨が降っています。

f:id:amenoh:20190618203537j:plain

  上高地の天気に不安を覚えつつ、バスで上高地へ向かうと・・・ 大嵐になっていました。

f:id:amenoh:20190618203743j:plain

 画像だと分かり辛いですが、台風でもきたかのような嵐になっています。河童橋近くの木々がなぎ倒され、折れた枝が散乱していました。

 

Ⅱ.上高地ホテル 白樺荘

 嵐の中、本日の宿の「上高地ホテル白樺荘」へ到着。

 かなり古いホテルらしいですが、リノベーションしたらしく部屋の中は綺麗です。ですが、嵐の影響(気圧?)なのか分かりませんが、部屋のユニットバスが激しく下水の匂いがし、テンション下がりました。

f:id:amenoh:20190618204030j:plain

 部屋の前は本来は上高地の山々と梓川が見れる絶景スポットですが、大嵐で何も見えません。

f:id:amenoh:20190618204143j:plain

 

Ⅱ-1.夕食

 とりあえず、今日は間違いなく何もできないので、夕食のバイキングに出かけます。

f:id:amenoh:20190618204437j:plain

f:id:amenoh:20190618204506j:plain

f:id:amenoh:20190618204543j:plain

f:id:amenoh:20190618204611j:plain

f:id:amenoh:20190618204654j:plain

 お味は普通ですね。可もなく不可もなく…、でもお野菜関連は美味しかったです。岩魚の焼き魚は焼きたてが欲しかったですね。

 

Ⅲ.夜明けの上高地

 起きていても仕方がないので、この日は20時過ぎに寝ることにしました。

 特にアラームを付けずに寝て、起きたら朝の四時頃。窓の外を見ると、薄明かりに上高地の山々が見えました。

f:id:amenoh:20190618205329j:plain

 

 この時点でテンション上がりましたが、このホテル何故か6時までドアが開かないので待機します。

 その間に、館内散策。

f:id:amenoh:20190618205618j:plain

f:id:amenoh:20190618205647j:plain

f:id:amenoh:20190618205734j:plain

 全体的に綺麗で、古さを感じさせません。浴室も正直狭いですが、綺麗で清潔なお風呂でした。

 

Ⅳ.いざ、明神池へ!

 6時になったので、外へ出て今回の目的地である明神池へ出発します。

 外に出ると、あちこちに昨日の嵐の後が残っていました。改めて、昨日の嵐の壮絶さが分かります。

f:id:amenoh:20190618210416j:plain

 嵐の後を感じながらも、明神池へ足を進めて行きます。

f:id:amenoh:20190618210846j:plain

f:id:amenoh:20190618210919j:plain

f:id:amenoh:20190618210956j:plain

f:id:amenoh:20190618211102j:plain

 昨日の嵐で折れたのでしょうか。

f:id:amenoh:20190618211139j:plain

 1時間ほど歩いて、明神池の手前の橋に到着。

f:id:amenoh:20190618211238j:plain

 橋を渡った先に猿がいました。こちらに目もくれず歩いてきました。

f:id:amenoh:20190618211340j:plain

 猿にお別れしたところで、明神池に到着!! 明神池は神社なんですね。

f:id:amenoh:20190618211439j:plain

 これが上高地の絶景ポイント、明神池。

f:id:amenoh:20190618211620j:plain

 噂に違わぬ絶景でした。昨日の強風が嘘のように止んだお陰で、湖面に木々が反射して幻想的ですね。

 

Ⅴ.ホテルで朝食

 明神池から帰った後、ホテルで朝食をとります。

 朝食もバイキング。夕食よりも美味しくいただけました。特によかったのが、とろろがかけ放題だったトコロ。

f:id:amenoh:20190618212708j:plain

 この朝食会場は、晴れたらこんな感じに素晴らしい風景を望むことができます。

f:id:amenoh:20190618212959j:plain

f:id:amenoh:20190618212921j:plain

 ちょっと今日は雲が多かったですけどね。でも、日常では味わえないような美しい風景を眺めながら食べる朝食は格別です。こういうのを味わいたくて上高地に来たので、目的を達成できて満足でした。

 

Ⅵ.大正池へGO

 10時にホテルをチェックアウトし、大正池へ向かいます。

 その前に、上高地で一番売れているアップルパイを頂きます。

 

Ⅵ-1.トワサンクのアップルパイ

 はい、こちらが上高地で一番売れているというトワサンクのアップルパイ。

f:id:amenoh:20190618213657j:plain

f:id:amenoh:20190618213537j:plain

 折角なのでテラス席で頂きます。

f:id:amenoh:20190618213629j:plain

 お味はまぁ普通。りんごがゴロゴロ入っていますが、まぁ普通に普通のお店で食べられるアップルパイですね。

 

Ⅵ-2.梓川の清流

 河童橋から歩いて大正池へ向かいます。

 河童橋から少し歩いた辺りに梓川が大きく進路を曲げる場所、ここの景色がいいですね。個人的には上高地のナンバーワンスポットだと思います。

f:id:amenoh:20190618214058j:plain

 透明感のある梓川。本当に見入ってしまうほど綺麗。

f:id:amenoh:20190618214437j:plain

 

Ⅵ-3.田代池と湿原

 大正池へ続く道の半ばにある田代池は、元々は大きな池だったのが、流れ出た土が堆積して今の浅い川のような池に変わってしまったとのこと。

f:id:amenoh:20190618214212j:plain
 その前にある湿原がまた絶景。

f:id:amenoh:20190618214351j:plain

 

Ⅵ-4.大正池

 最後は大正池。ちょっと曇ってしまいました。

f:id:amenoh:20190618214617j:plain

 

 これにて上高地旅行は終了。バスにて沢渡大橋まで戻ります。

 

Ⅶ.松本そば処 もとき

 最後に松本市で蕎麦を食べて旅行を終えたいと思い、有名店へ足を運びました。

 色々なレビューサイトでも高評価、有名人も足しげく通う松本の老舗「もとき」です。

f:id:amenoh:20190618215043j:plain

 松本市の蕎麦でも異色なお蕎麦らしい、もとき。蕎麦の中心の部分だけを使用するという、なんだか日本酒の磨き何割の様な事が書いてありました。

 そして、その話題のお蕎麦がこちら。

f:id:amenoh:20190618215223j:plain

 なんだか糸蒟蒻のような見た目のお蕎麦が出て来ました。

 肝心のお味はというと、よく分かりません。日本酒も磨きが多い(米の歩留まりが低い)とすっきりとした雑味のない味わいになりますが、それの蕎麦版、という感じでしょうか。

 でも蕎麦って、香りを味わうものだと思うのです。そういう意味で言えば、このお蕎麦は磨き過ぎて蕎麦の香りも削り取ってしまった様な、そんな感じがします。まぁ、蕎麦通でもないのでこれが正しいのかどうか分かりませんが。

 

Ⅷ.釈迦堂のフルーツソフト

 蕎麦を食べたあとは高速に乗って千葉へ戻ります。

 松本市から車をぶっとばして4時間。流石に途中で休憩を入れながら帰ることにします。

 その休憩の一つとして、最後に中央道のPA釈迦堂でフルーツソフトを頂きました。

f:id:amenoh:20190618220616j:plain

 ソフトクリーム自体は普通ですが、フルーツやストロベリーソースがとても美味しかったです。

 

 ということで、2泊3日で辿った甲信越旅行も終わり。

 今回は色々とトラブルも多かったですが、楽しい旅行になったと思います。

 しかし、やっぱり上高地は素晴らしい観光地ですね。来年もまた来たい、そう思える場所でした。

(100記事チャレンジ:83〜85記事)