雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

夫婦で行く1泊2日の箱根旅行 その3

 最終日は駆け足で。
amenoh.hatenadiary.jp

f:id:amenoh:20190322235036j:plain

 

 

Ⅰ.旅館の朝飯

 前日の夜は素晴らしい夕食を頂くことができました。

 こんな素晴らしい夕食を頂けるなら、朝食もやはり素晴らしいのだろうと思ったのですが、朝食は意外と普通でした。

f:id:amenoh:20190322235231j:plain

f:id:amenoh:20190322235311j:plain

 といっても、土鍋ご飯にご飯のお供の付け合わせがたっぷり。そして3種類の卵を選んで楽しむ卵かけご飯と、シンプルながらもバリエーションあるラインナップです。

 この卵かけご飯のうち、「日の出たまご」という卵が、黄身が濃くてとても美味しかったです。持ち帰りたかったくらい。

 

Ⅱ.リベンジ 強羅公園

 朝食後は、早々に荷物を片付けてチェックアウトします。

 目指すは強羅公園の中にあるクラフトハウス。昨日行えなかった陶芸体験にチャレンジしてみます。

f:id:amenoh:20190322235711j:plain

 色々な陶器を作ることが出来る中で、今回は期間限定のカレー皿をチョイス。

f:id:amenoh:20190322235814j:plain

 陶芸は所謂「ろくろ」を回すのと、手でこねる「手びねり」というのに分かれるのですが、今回は手びねりのコースを選択しました。

 この台の上で粘土を練って形を作っていきます。

f:id:amenoh:20190322235851j:plain

 制作途中。

f:id:amenoh:20190323000017j:plain

 ゆるい三角形をイメージ。

f:id:amenoh:20190323000106j:plain

 こんなもんかな???

f:id:amenoh:20190323000208j:plain

 美大卒妻、ここでもレベルの違いを見せる。

f:id:amenoh:20190323000304j:plain

 追加200円で箸置きが作れるので作ってみる。

f:id:amenoh:20190323000417j:plain

 手前の「生き物のような何か」が私の作品で、奥のダックスフントが妻の作品である。ちょっと妻の作品とのレベルの落差が激しい・・・。

 

 器と箸置きは、これから焼いたり冷ましたりで、2ヶ月くらいしてから届くんだそう。というと5月の上旬くらいになるのかな。

 今から焼き上がりの姿が楽しみです。

 

Ⅲ.箱根ガラスの森美術館

 陶芸を終えた後は、ガラスの森美術館へGO。

f:id:amenoh:20190323081245j:plain

 彫刻の森美術館と比べると、非常にこじんまりとした美術館。

 美術館が5割、土産物屋が3割、クラフト体験が2割って感じの構成でしょうか。

f:id:amenoh:20190323081520j:plain

 

f:id:amenoh:20190323081549j:plain

f:id:amenoh:20190323081612j:plain

f:id:amenoh:20190323081640j:plain

 当日は3月11日で、東日本大震災のチャリティをやっており、通常1500円の入場料の所を500円で入ることができました。

 まぁそんなので言うのもアレですが、1500円払って入るかぁ? と言う感じですかね。同じ値段で彫刻の森美術館に入れるので。。。

 

Ⅳ.最後は小田原ランチ

 翌日は仕事なので、ランチをとったら帰ることにします。

 最初は箱根の有名店! と考えていたのですが、平日でもゴリゴリ行列ができていたので諦めました。

 ということで、箱根ランチは諦めて小田原でランチを取ることにします。

 向かったのは建物が国の有形文化財にも登録されている「だるま」。

f:id:amenoh:20190323082433j:plain

 天丼が有名なお店ですが、もう一つの名物である鯵のお寿司を頂きます。

f:id:amenoh:20190323082533j:plain

 新鮮で厚切りの鯵! 間違いないお味ですね。ぷりぷりの鯵は、醤油を弾くくらいに新鮮。生姜のぴりりとした味も良い。

 妻は普通に天丼食べてましたが、天丼もとても美味しかったみたいです。

f:id:amenoh:20190323082806j:plain

 

Ⅴ.終わり

 ということで、1泊2日の箱根ツアーはこれにて終了。

 久々に仕事を忘れて楽しむことができました。

 なんといっても宿が素晴らしかった! お子さんを連れていけないので家族連れには向いてませんが、夫婦水入らずでの旅行なら是非人にも勧めたい旅館です。

 次もここに泊りたい、けど可能なら次は子供も連れて行きたいですね!

(100記事チャレンジ:79〜81記事)

 

るるぶ箱根'20 (るるぶ情報版地域)

るるぶ箱根'20 (るるぶ情報版地域)