雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

【17/100食】本郷3丁目の名店「ル・クロ」

 時にはフレンチでも。

f:id:amenoh:20181215081745j:plain

 

 

Ⅰ.思い出のお店

 もう千葉に引っ越してしまったのですが、ウチの嫁は10年ほど東京暮らしでした。最初は板橋近辺に住んでいて、今の会社に転職してから湯島に引っ越したそうです。

 湯島というと湯島天神や神田明神等メジャーな社寺がある他、御茶ノ水や神保町も近い文化の町。嫁の住むアパートは駅から遠く、毎回10分以上歩いて通っていました。その通りには、専門書を扱うような出版社や、老舗といった飲食店が並び、文化の町だなと一層思いました。

 

 そんな湯島で、付き合って半年記念だから、と入ったのが「ル・クロ」というフレンチレストランです。食べログで検索しても出てこないようなこじんまりとしたお店なのですが、ここの料理はガチで美味いのです。

  形式はフレンチ、コースメニューなどは一切ありません。黒板に書かれたその日その日のメニューを選んで注文するスタイルです。

 

Ⅱ.間違いないメニュー

 一通りのメニューは揃っており何を食べても外さないのですが、間違い無いのは鳥レバーのパテ

f:id:amenoh:20181215082123j:plain

 この鳥レバーのパテを食べて、パテという料理の概念が変わるほどの衝撃を受けました。ピンクの鳥レバーの上に、バルサミコやワインを使用したソースがかかったシンプルな料理なのですが、本当に絶妙です!

  こんなパテを、カリカリのバケットに載せて食べた時には、もう幸せの絶頂といっても過言ではないでしょう。

f:id:amenoh:20181215082437j:plain

 

Ⅲ.ジビエ肉がおすすめ

 肉料理に関しては結構ジビエな料理が揃っています。

 この時食べたのは鹿肉。

f:id:amenoh:20181215081745j:plain

 臭みのありそうなジビエ料理ですが、新鮮なのか処理がいいのか、まったく臭みを感じさせません。

 もちろん前菜や魚料理、デザートも美味しいです。

f:id:amenoh:20181215082909j:plain

f:id:amenoh:20181215082958j:plain

f:id:amenoh:20181215083056j:plain


Ⅳ.隠れた名店

 これとお酒を飲んで二人で1万〜1万5千円程度。

 これより高いお店で、これよりレベルの低い料理を出すお店なんていくらでもある中で、本当にコスパ抜群のお店。また東京に行く際には訪れたい名店でした。

www.hotpepper.jp