雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

【73/100記事】新婚旅行記⑥ ホテル移動とバリアート

 前回記事。

f:id:amenoh:20181107220942j:plain

 

 

Ⅰ.リンバのメインプール&昼食

 さて、リンバ・ジンバランの最終日。

 朝食は最初と同じく、リンバのレストラン「トゥゲ」で頂きます。やっぱりこちらのパンは絶品。

 朝食後は、チェックアウトまでリンバのメインプールを楽しみます。

f:id:amenoh:20181110071832j:image

 防水ケースに入れてたら画像が歪み放題・・・。

 リンバのプールは森の中にあるので、アヤナのインフィニティプールの様な海岸は無いものの、南国の花々が咲き誇る花のプールになっています。

 結構広々としているので、個人的にはアヤナのプールよりリンバのプールの方が好きでした。

 

 早めにプールを終えた後、チェックアウト迄にランチを食べることにします。

 リンバは3泊以上すると、3コースランチの特典がついてきます。前二日は殆どホテルにいなかったので、最終日にランチを取ることに。

f:id:amenoh:20181110073003j:plain

 1品目は豆のスープ。お味というと、甘くないぜんざい

 見た目は完全にぜんざいなのですが、スパイシーなお味。見た目と味が一致しない、なんとも理解に困る料理。

 2品目は普通のお肉料理で、3品目はプディングとアイスのデザートでした。写真を撮り忘れました。。。

 

 という事で、名残惜しいですが3泊のリンバ・ジンバラン滞在が終了。

 2つ目のホテルへ移動します。

 

Ⅱ.2つ目のホテルは「グランドハイアット・バリ」

 二つ目のホテルは、高級リゾート立ち並ぶヌサドゥア地区にある「グランドハイアット・バリ」

 リンバ・ジンバランのあるジンバラン地区から車で20分弱程度でしょうか。リゾートに特化したこの地区は、入る際にもゲートでチェックが必要がある等、高級リゾートと呼ぶに相応しい場所となっています。

 早速チェックインし、部屋まで向かいます。

f:id:amenoh:20181110075659j:plain

f:id:amenoh:20181110075747j:plain

 洗練されたリゾートホテル、という感じだったリンバジンバランに比べ、グランドハイアットはまさに「バリ島」といった感じの佇まいです。

 そしてなんといっても広い! ロビーから部屋までかなり歩きます。

f:id:amenoh:20181110080135j:plain

 全体像を撮り忘れましたが、部屋はこんな感じ。

 ホテルの外と同じで、全体的にアジアンチックな、バリ島らしさを感じるインテリアとなっています。

 夜寝るようのベットの他にも、日中に休まるためのデイベットもありました。

f:id:amenoh:20181110080345j:plain

 ただ部屋は全体的に清潔ではありますが老朽感もあり、リンバと比べるとどうしても見劣りしてしまう感じ・・・。

 

Ⅲ.バリコレクションとバリアート

 折角なので、近くにあるバリコレクションに向かいます。

 ヌサドゥア地区にあるショッピングセンターで、飲食店やお土産物店が集合しています。

f:id:amenoh:20181110080941j:plain

 あまり目新しいものもありませんが、暇つぶしにはちょうどいい、って感じの場所でした。

 歩いて行くと、奇妙なものに遭遇しました。

f:id:amenoh:20181110081040j:plain

 なにこれ?

 兵隊さんがたくさん・・・ どうやらアート展が開かれているようなので、中に入ってみます。

f:id:amenoh:20181110081225j:plain

f:id:amenoh:20181110081250j:plain

f:id:amenoh:20181110081400j:plain

f:id:amenoh:20181110081434j:plain

f:id:amenoh:20181110081518j:plain

f:id:amenoh:20181107220942j:plain

 現代アートというやつでしょうか、全体的に攻めた作品が多いです。

 そんな中、SWでおなじみのポッドレーサーが!

f:id:amenoh:20181110081731j:plain

 鉄に見えるけど、説明文を見るとなんとこれで出来ているんだとか。触れませんでしたが、最後まで信じられませんでした。

f:id:amenoh:20181110081848j:plain

f:id:amenoh:20181110081933j:plain

f:id:amenoh:20181110082000j:plain

f:id:amenoh:20181110082131j:plain

f:id:amenoh:20181110082220j:plain

 もはや訳がわからぬ。

 

Ⅳ.PODチョコレート

 アート展出た後はブラブラとし、コンビニでカップ麺買って帰りました。

 ついでに買ったPODチョコレート。

f:id:amenoh:20181110082100j:plain

 インドネシア発の高級チョコレートです。

 インドネシアはカカオの産地として有名ですが、肝心の製品が弱かった中、期待のチョコレートブランドとして売り出しているんだとか。

 カカオの香りと甘みが感じられる美味しいチョコレートでした。

 

 とりあえず移動日はこれくらいにして、次の日のアクティビティに期待します。

amenoh.hatenadiary.jp