雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

【69/100記事】新婚旅行記② バリへGOGO!!

 前回記事。

f:id:amenoh:20181103114353j:plain

 

 

Ⅰ.成田からバリへ

 バリ島へは、成田空港からインドネシアのフラッグシップキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」に乗って向かいます。

 バリの国際空港である「デンパサール空港」への直行便は、このガルーダ・インドネシア航空かエアアジアのみとなっています。エアアジアの方がチケットは格段に安いのですが、流石にLCCで新婚旅行に行くのは怖い(遅延とか)。

 ということで、確実安心のガルーダを選びました。

 成田発は11時からということなので、9時には成田に着くように時間を調整。

f:id:amenoh:20181103113525j:plain

 久々の成田・・・。やっぱりアクセスはクソ不便ですね。

Ⅱ.いざフライト

 飛行機は定刻通りに成田を出発。

 シートは正直可もなく不可もなく。ま、エコノミーですからね。ビジネスと行きたいところですが、一般のリーマンにビジネスクラスは夢のまた夢です。

 しばらくすると機内食が出されます。和食とインドネシア料理だったので、暫くは和食ともサヨナラすることを考え、和食を選択。 

f:id:amenoh:20181103114353j:plain

 メイン料理は魚でした。ハモかな? 非常に淡白なお味でした。

 ドリンクはと聞かれ、勿論ビンタンビールを選択。

f:id:amenoh:20181103115459j:plain

 ビンタンビール、薄い! いや、これくらいの薄さが良いんですよ。バドワイザーライトのような、ドイツ人が馬のションベンと言いそうな薄さです。

 タイのシンハービールもそうでしたが、東南アジアは薄いビールが多くて、薄いビール好きの私としては、とても助かります。

 

Ⅲ.バリ島到着

 成田から7時間程でバリ島へ到着。イミグレーションで一言も言葉を発する事なく入国します。

 荷物を受け取り空港の外へ出るともう夜になっていました。

 この日は、旅行を手配した会社の送迎でホテルに向かいます。

 今回の旅行は、6泊8日ということで、前半と後半でホテルを分けています。

 前半のホテルは「リンバ・ジンバラン・バイ・アヤナ」。アヤナグループが手がけるリゾートホテルです。

www.ayana.com

 バリ島の旅行本なら絶対に載っている、ハズさないホテルです。エリアは空港近くのジンバランエリアですが、その中でも入り組んだ場所にあります。

 

Ⅳ.ホテルステイ

 ホテルには到着しましたが、もう夜なのでとりあえず部屋に向かいます。 

f:id:amenoh:20181103120821j:plain

 廊下からして超綺麗です。

f:id:amenoh:20181103120908j:plain

 夜のプール。残念ながら、プールは遅くとも20時には閉まってしまいます。夜のプールも乙だと思うのですが。

f:id:amenoh:20181103121020j:plain

 ピントがボケていますが部屋です。一番ランク下のヒルサイドルームですが、全然広いです。

 ポーターさんに「ツインだけど大丈夫? ダブルじゃないの?」と執拗に聞かれました。いいんです・・・、私のイビキが凄いので、ダブルじゃ妻が寝れないんです・・・とは言えませんでした。

 

 正直移動でとても疲れたので、ホテル内にあるルーフトップバーの「ユニーク」で軽い夕食をとります。

f:id:amenoh:20181103121356j:plain

f:id:amenoh:20181103121431j:plain

 食事をとり忘れましたが、ユニークはメキシカン料理しか置いていませんでした。美味しいですが、辛い

 お酒はリゾートっぽいものを頼みましたが、これ現地でサービス料を含めると200,000ルピアくらい。日本円で2千円弱です

 た、たっかーい・・・。インドネシアは基本的にお酒を飲まない国なので、お酒に対する税金がとても高いんですね(特にインポートのお酒)。だからこんな値段になります。

 国内産のビンタンとかは、これの半額くらい。

 とはいえ千円なので、お酒に関して言えば日本の方が安いですね。

 

 この日は次の日に備え、お酒を飲んですぐ寝ました。

 翌日から、本格的なバリ島観光が始まります!

 

次の記事

amenoh.hatenadiary.jp