雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

【68/100記事】新婚旅行記① いざ、新婚旅行へ

 結婚式が終わったら新婚旅行じゃ!!

f:id:amenoh:20181103105947j:plain

Ⅰ.結婚式の後は新婚旅行でしょ 

 はい、ということで10月14日結婚式を挙げました。

 内容に関しては色々とあります。色々拘ったのですが、「失敗したな」と思うこともありますし、逆に「これはやってよかったな」と思うこともあります。

 ただ一言言えるのは、凄く疲れました! ということ。

 4月末頃に結婚式場を決めて、10月半ばに式を挙げたということで、準備期間は約6ヶ月弱。結婚式の準備期間として、特段短い訳ではなかったのですが、それでも段どりやら何やらで疲れました。

 妻とも沢山喧嘩しましたし、仕事の忙しい時は結婚式関連のlineが億劫でした。

 色々な方が言うように、「結婚式の当日は何度繰り返してもいいけど、準備だけは2度とやりたくない」というのは真理ですね、ハイ。

 ということで、ほぼずーっと結婚式の事ばかりやっていたので、新婚旅行はゆっくりできる所がいいと考えました。

 ゆっくり出来て、新婚旅行っぽいところ・・・ と考えた時に、思いついたのがビーチリゾート。何にも考えずに、ホテルとかでゆっくり読書がしたい。そんな感じで候補を選んでいきました。

 

Ⅱ.セブ島? バリ島? モルディブ?

 ということで、南の島なら何処に行こうと考えた時、考え付いたのが「セブ島」「モルディブ」「バリ島」の3箇所でした。因みに新婚旅行の行き先としてメジャーなハワイに関しては、「メジャーすぎて微妙」ということで却下となりました。

 

 私の一押しは「セブ島」

 目当ては透明度の高い海や高級ホテルリゾートもそうですが、なんといってもジンベイザメと一緒に泳げるシュノーケリング。

f:id:amenoh:20181103111733j:plain

 セブ島でシュノーケリング中にジンベイザメが見れる確率は、なんと8割以上。普段水族館でしか見れないジンベイザメと泳げるなんて、一生に一度はやってみたいアクティビティです。

 

 一方で、妻の一押しは「バリ島」

 世界屈指のリゾート地でありながら、同時に多様なバリ文化も味わえる、一粒で2度美味しい観光地。

f:id:amenoh:20181103112143j:plain

 ホテルの数はセブ島と比べても選択肢がとても多く、エリアも特色があって面白そう。

 

 私と妻どちらからも出たのが「モルディブ」

 最近の新婚旅行先だと上位に食い込んでくるインド洋のリゾート諸島。一つの島に一つのリゾートっていうのが素敵ですね。

f:id:amenoh:20181103112449j:plain

 海の透明度はセブやバリと比較にならないほど綺麗。所要時間を考えれば、間違いなく新婚旅行を逃せば行けない場所・・・。

 

Ⅲ.結果、行き先は・・・

 結婚前から二人でああでもない、こうでもないと言っていましたが、結果としてバリ島に行き先が決定しました。

 セブ島は海は綺麗だけど、それ以外何もないのに加え、フィリピンの料理は絶望的に日本人の舌に合わないとの情報があり削除。

 モルディブは・・・お値段二人で100万円が効きました。ただでさえ結婚式の費用が予算オーバーしている状況で、新婚旅行100万は厳しすぎる。

 

 ということで、お手軽な価格で料理もそこそこ美味しく、リゾート環境も充実したバリ島に決定。

 結婚式の翌々週に日程を調整し、いざインドネシアのバリ島へ向かいます!

f:id:amenoh:20181103113525j:plain

 

次の記事

amenoh.hatenadiary.jp