雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

【12/100食】表参道のとろろ専門店「自然薯 tororo」

 表参道のランチで訪れました。

f:id:amenoh:20180603094046j:plain

 最近どうも時間が過ぎるのが早く感じるのですが、婚約を発表してはや1ヶ月が経とうとしています。自分からプロポーズしといてあれなのですが、未だに結婚をすると言う実感がありません。ただ物事だけが淡々と進んでいき、いつの間にか結婚式の会場と日取りも決まってしまいました。男はバージンロードで、義父から花嫁を託されるところで夫としての覚悟を決めると言いますが、そうなのでしょうか。

 ということで、土曜日は青山にある結婚式場にて1回目の打ち合わせを行ってきました。内容としては本当に当日のスケジュール感の確認がメインで、思ったよりかは「忙しい」というイメージではなくて良かったです。でもこれから加速度的に忙しくなると伺い、戦々恐々としています。

 そんな1回目の打ち合わせを終えて、じゃあランチでもしようなと思い立ち寄ったのが、表参道にある自然薯専門店「自然薯 tororo」です。

 ビルの地下一階の狭い階段を抜けた先にあるこのお店。扉を開けると、縦長のテーブル席の先に小上がりが2テーブル程の小さなお店ですが、私が訪れた13時ではほぼ満席の状況でした。

 私が頼んだのは、生自然薯を使用した「ばくだん」定食。

f:id:amenoh:20180603094046j:plain

 そのままんま、ねばねばのばくだんが乗った丼に、自然薯・生卵・味噌汁・サラダ・お新香がセットになった定食となっています。

 お味はというと、初夏の暑さに合うようなあっさりとしたお味。生自然薯は粘り気がすごいですが、食べるとするするっと喉を通り越す感じでGOOD。さらに生卵も加わるので、丼をかきこむような感じで食べられます。

 ボリュームは完全に女性向けらしく、私にはちょっと足りないかな、と言う感じでした。あと自然薯に全振りしているのか、「ばくだん」の具自体はスーパーで買ってきたような感じで、ことさら美味しいとも感じませんでした。

 

 これで1,300円程度なら、まぁよしとするのか、いやいや高いだろうとするのかは、ちょっと議論が出る感じかな、というお店でした。