雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

【36/100記事】中性脂肪が1,000を超えた話

 午後13:00、それは死刑の鐘を鳴らす死神の時間である。

f:id:amenoh:20161218084905p:plain

  金曜日のお話です。

 昼休憩が終わり、さて仕事をしようかという時間に彼女は音もなくやってきました。

産業医「雨男さん、ですよね」
雨男「はいそうですが…」
産業医「健康診断の結果の事で、ちょっとお話が…」

 

 健 康 診 断 

 

 僕の会社は、毎年の誕生月に健康診断を行うシステムになっています。そう、誕生日とは私にとってもはや祝うべき時ではなく、自分の内面と向き合う試練の時とかしているのです。

 今年も御多分に漏れず、11月に社の検診を受け結果を待っており、そろそろ出るかな、という時期でした。

 

産業医「雨男さん、今すぐ近くのお医者さんに健康診断書をもって受診してください」
雨男「と、いいますと…」
産業医「このままでは、貴方を出勤停止措置にしなければなりません」

 

 出 勤 停 止 措 置 

 

産業医「雨男さん、中性脂肪の値を見てください」
雨男「はい…、1,249ですね」
産業医「いいですか、雨男さん。中性脂肪の許容値は149なんです」
産業医「ほぼ10倍ですよ、10倍
産業医「とにかく、早急に診断を受けてください」

 な、なんと…。僕の身体はもはやそのような域に達していたのか。因みに中性脂肪が1,000を超えた場合どうなるのか、というようなことをネットで調べていくと

・中性脂肪が1,000を超えて、5年生き残った人間はいない。
・血液を試験管に入れると、試験管の上部に油膜が出来る。
・脂肪肝による肝臓がん、膵臓炎等の深刻な病気の発生。
・失明や皮膚疾患も(皮膚疾患って、最近足がひどいのはそのせい?)

 …婚活なんぞやっている場合じゃありません、彼女見つける前に肝臓大事にしなければ、僕は死んでしまうようです。因みに、ガンマGTP等も非常に悪い数値。

 原因は間違いなく「食べすぎによる肥満」でしょう。まぁ週2でラーメン食ってたり、コンビニのフライドフードばっか食べてたら、そらそーなりますよ。家系ラーメンの脂がきついわ、と話している人間の血液が、もはや家系ラーメン並みの脂を含んでいたというオチです。

 遂に再開する日が来てしまったようです。ここ1年頻度は少ないながら続けている「100チャレンジ」。記事や映画なんかは順調に進んでいる中で、いつの間にかやらなくなっていた「100日」の項目。


 そう、ダイエット日記。

 もはやダイエット日記ではないですね、生存日記です。これは私と中性脂肪との、命を懸けた日記になるでしょう。


 負けるな俺、頑張れ俺。今日から豆腐とそば中心の、過酷な食生活が始まるのである…!