読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

【7/100記事】故・水木しげる氏の唱えた「幸福7か条」に学ぶ

100記事 生き方 ニュース コラム

 故郷鳥取の名士、水木しげる先生が先日お亡くなりになられました。

f:id:amenoh:20151206131724j:plain

  故郷の近くの境港市というのがありまして、そこに「ゲゲゲの鬼太郎」のブロンズ像を並べた鬼太郎ロードというものがあります。地元の人間としては行き慣れててどこが良いんだろうかと思うもんですが、結構観光地としてにぎわっていました。

f:id:amenoh:20151206132515j:plain

 そんな水木先生の残した「幸せになるための7か条」というものをご紹介したいと思います。

 

Ⅰ.水木しげるの「幸せになるための7か条」

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 好きの力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目に見えない世界を信じる。

 

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
 某漫画家が同じようなことを言っていました。

f:id:amenoh:20151206133218j:plain

 勝ち負けだけを目的にしていると、人は近道をしたがる。結果、真に幸せであるということから遠ざかってしまう。確かに現代社会において、勝つことは分かりやすい幸せへの近道であるかもしれません。しかしながら、本当にそれがあなたにとっての幸せかどうかということは、意外と違ったりするのかもしれません。

 

第二条しないではいられないことをし続けなさい。

 熱中できることを見つけなさい、ということ。こんなにも日本は豊かになったのに、いや豊かになったからこそ空虚であることが多いかもしれません。貴方が一生向き合えるもの、仕事や趣味でも何でもいいですが、そういったものを見つけることが人生を豊かにする第一歩なのでしょう。

 

第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

 自分の好きなことに専念するためなら、他人の目を厭わない――。

 確かに世の偉人や著名なスポーツ選手にはその傾向が強いですね。言い換えれば、自分の芯をしっかり持っていて、そこに全力で向かっていける人です。そうでしかたどり着けない境地もあるでしょう。

 

第四条 好きの力を信じる。

 好きなものだからこそ続けられる。

 そしてそれを突き詰めていけば、どういう形であれ自分に帰ってくる。水木先生も絵が好きで歩んできた60年間でした。


第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

 芸術で食べていきたい、スポーツで食べていきたいという人は多くいますが、それと好きとは別のこと。いくら好きで努力したとしても、失敗することもあるし、むしろ成功する確率の方が低い。だからといってそこまで突き詰めた「好き」は本物じゃないといえるのか。収入にならなくたって、好きなんだから問題はないだろう。

 そして、そういうものこそ「好き」といえるんじゃないのか。

 

第六条 怠け者になりなさい。

 努力することはもちろん大事だ。しかしながら、時にはしっかりと休息を取るべき。

 死ぬまで漫画を描き続けた水木先生も、睡眠だけはしっかりととっていたそうです。がむしゃらに努力する一方で、しっかりと休息も取る。メリハリが重要ということですね。

f:id:amenoh:20151206135347j:plain

 

第七条 目に見えない世界を信じる。

 これは宗教的、超常現象的な意味合いではない。

 この世には物質的な価値観で図り切れないものがあり、それが人間の心を豊かにしているのだということ。

 つまりですね、愛ですよ、愛。

 

Ⅱ.偉大な漫画家よ、永遠なれ

 残念ながらこの世を去った偉大なる漫画家ですが、世の中に数多くの作品を残してきました。その中でも「総員玉砕せよ!」は戦争体験者である水木先生だからこそ描けた名作です。

総員玉砕せよ! (講談社文庫)

総員玉砕せよ! (講談社文庫)

 

  好きを突き詰めた人生を送った水木しげる。私の理想とする生き方でありながら、ではここまで突き詰められる私の「好き」って何だろう、と自問してしまいました。ブログ100チャレンジが完走する頃には、何らかの「好き」が見えてくるのでしょうか。考えさせられる名言でした。

 

grapee.jp