読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

「GRIMM/シーズン3」が10/8からレンタル開始されていた

コラム

 普段あまり海外ドラマを見る方ではありませんが、唯一追っかけてるTVドラマが「GRIMM」シリーズです。

 今週8日より、待望の3rdシーズンがレンタル開始となりました!

f:id:amenoh:20151017192037j:plain

 Ⅰ.あらすじ

 緑豊かなオレゴン州のポートランド市警察殺人課に務めるニック・ブルクハルト刑事(デヴィッド・ジュントーリ)は、ある日、人間の中に異形の顔を隠し持つ者たちが紛れ込んでいることに気づく。癌で余命いくばくもない、おばのマリー・ケスラー(ケイト・バートン(英語版))から、彼らは”ヴェッセン”と呼ばれる者たちで、その真の姿を見ることができるのは、グリム一族のみだと知らされる。ニックはグリム一族、すなわちモンスター・ハンターの末裔であり、グリム童話は単なる伝説・説話ではなく、グリム対魔物の戦いの記録なのだという。そして、ニックはマリーから、グリム一族に伝わる書物・武器・薬類などを保管してあるトレーラーを譲り受ける。

 Xファイルから引き継がれる超常現象系の刑事モノです。Xファイル以外では、最近だとJJエイブラムス総指揮の「FRINGE」や、「スーパーナッチュラル」「スリーピー・ホロウ」なんかが同種のドラマシリーズとなります。

 しかし人気は鰻登り、今回リリースされた3rdシーズンでは全米の視聴率調査会社が18-49歳の視聴者層で最も人気が高いドラマシリーズだと発表、更にファンタジー・ホラー作品に贈られる「サターン賞」も受賞するなど、今最も注目度の高いテレビシリーズとも言えます。

 

Ⅱ.テレビシリーズとは思えない特殊メイク

f:id:amenoh:20151017193922j:plain

f:id:amenoh:20151017193949p:plain

 本作の特徴としては、テレビシリーズとは思えない精巧なCGと特殊メイクにあります。本作品には敵味方に「ヴェッセン」というグリム童話をモチーフにした異形のキャラクターが多く登場します。彼らは人間とは異なった能力を持ち、感情が高ぶったり攻撃的になると顔がモンスターへと変貌します。ヴェッセンにも様々な種類があり、其々がおどろおどろしったり、愛嬌があったりと様々です。

 

Ⅲ.1話完結のストーリー

 基本的にストーリーは1時間弱の1話完結ドラマです。ヴェッセンが絡んだ事件を、主人公であるニック・ブルクハルト刑事が「グリム」の力を用いて解決へと導いていくという展開となっています。

 流石アメリカといいますか、アクションはテレビドラマながら迫力があり一級品です。ストーリー展開に関しても、全米1位を取るに相応しく、妥協なく見応えのあるものばかり。オカルトファンは勿論ですが、刑事モノ好き、恋愛モノ好きの方にも楽しんでみることのできるドラマです。

 

Ⅳ.所感

 海外ドラマといえば、最近ハリウッド映画と同じく海外進出を踏まえ高い製作費を掛けて制作されるものが多くなってきています。「ゲームオブスローンズ」なんかがその典型で、もはやドラマの枠を超えたような作品が増えてきています。

 映画は2時間か、長くても3時間弱でストーリーが語られますが、ドラマはその何十倍も続きます。日本のドラマ業界が息をしていない中で、こうした良作な海外ドラマが増えることは好ましいことだと感じます。

 

 以上、3rdシーズンが始まった「GRIMM」でした。