雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

「これも学習マンガだ!〜世界発見プロジェクト〜」に選ばれた学習漫画100選

 小学校や中学校に必ず一定数置いてあった漫画。「世界史」「日本史」「はだしのゲン」が三強だった気がしますが、最近も似たような感じなのでしょうか。

 そうした所謂「学習漫画」ですが、従来の枠には捕えられない漫画も「学習漫画」として再発掘し、世界にアピールしていこうという面白い企画をやっていましたのでご紹介します。

これも学習マンガだ!〜世界発見プロジェクト〜

 「これも学習マンガだ!〜世界発見プロジェクト〜2015年度からスタートする新しい世界を発見できるマンガや学びにつながるマンガを選出発表し作品を国内外の読者に届ける事業ですマンガの持つ楽しさ分かりやすさ共感力に着目し社会をより良いものにしていくことを目的としていますマンガを通じて楽しみながら学ぶこと=edutainmentを継続的に推進していきます

これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~

f:id:amenoh:20151013210930p:plain

 

f:id:amenoh:20151013211907j:plain

f:id:amenoh:20151013211920j:plain

f:id:amenoh:20151013211933j:plain

f:id:amenoh:20151013212053j:plain

f:id:amenoh:20151013212104j:plain

f:id:amenoh:20151013212118j:plain

Ⅰ.納得のラインナップ、これはガチだ

 割と納得なラインナップですが、ちょっと突っ込みたいのもチラホラ。

 選考員さん! 学習漫画なのに「夏子の酒」ってどうなんですか・・・、諸星大二郎の「暗黒神話」って選考のエッヂが利きすぎてませんか・・・、「ヘタリア」って各国のステレオタイプ学んでどないするんですか・・・、「ナニワ金融道」は・・・お金の怖さですか?等等。

 でも「学習漫画」という括りヌキで面白い漫画が多いですね。「風の谷のナウシカ」「ヴィンランドサガ」「イムリ」あたりが学校の図書館にあったら穴が開くまで読みますね。「夕凪の街、桜の国」「総員玉砕せよ」「いちえふ」なんてチョイスは正に学習漫画として相応しいですね。面白いチョイスとしては「聲の形」「ちはやふる」「銀の匙」なんて少年少女漫画を選んだことでしょうか。

 

Ⅱ.あえて加えるとしたら

 隙の無いラインナップですが、あえて私が加えるとしたらこの作品です。

f:id:amenoh:20151013213540j:plain

 曽根冨美子作の「親なるもの 断崖」です。ちょっと前までスマホの漫画広告でお馴染でしたが、試しに読んだらまぁ凄い。第二次世界大戦前後の理不尽さと、女性、また母の強かさを描いた素晴らしい漫画作品です。

 単行本はプレミアついてるんで、読むなら電子書籍で読むのがベターです。

 

 20代後半になってもジャンプ読んでる漫画好きですが、漫画って本当に奥が深いですね。最近は古い漫画も電子書籍でリーズナブルで読める社会になり、古い名作に簡単に触れられるようになりました。最近の漫画も面白いけど、古典レベルの漫画も考えさせられる作品が多くていいですよ。

 以上、「これも学習漫画だ!」のご紹介でした。