読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

箱根ポーラ美術館でもモネが! 「自然と都市」企画展

 今東京都美術館で印象派画家の代表であるモネの企画展がやっていますが、近くの箱根ポーラ美術館でも印象派の企画展をやっています。

「自然と都市」印象派からエコールドパリまで

http://www.polamuseum.or.jp/exhibition/nature_city

  見どころとしては、今回ポーラ美術館が新収蔵したウジェーヌ・ブータン「海洋の帆船」です。特に海と空が綺麗な画家で、「空の王者」と称賛を受けた画家です。

 

f:id:amenoh:20151007213821j:plain

ウジェーヌ・ブータン作 「ル・アブールの港」

 

 特に帆船を描いたものが多く、上記のル・アブールは彼が幼少期を過ごしたフランスの港街の光景を描いています。初期のモネにも影響を与えた一人とされています。美しいタッチで描かれた空は、本物以上に本物の雄大さを描いています。

 今回の企画展では他にも、モネ、シャガール、コロー等の代表的な印象派画家に加え、万博以降のパリの風景を描いた作品を展示しています。

 

f:id:amenoh:20151007214708j:plain

クロード・モネ作 「グランド・ジャット島」

 

 今週の3連休は東京都美術館に、ポーラ美術館にと印象派の世界に浸ってみませんか?