雨の日の大人たちは

「100食」「100本」「100冊」「100記事」をテーマに、ダウナーなアラサーが日記書いています。

2016-04-21から1日間の記事一覧

あの頃、その頃『ねじまき鳥クロニクル』

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 光陰矢の如しとは私のサラリーマンになってからの時間の流れ方である。週が明け月曜日になったかと思えば瞬きをする間に水曜日、息をつく間もなく金曜日の夜がやってくる。土日はゆっくり出来るかと思えば、土日…